かすみ目サプリ口コミランキング※本当に効くものを徹底比較

かすみ目解消

仕事で疲れてきたり、長時間スマホなどを見ていると目がかすんできます。

常時目薬を使用している方もいらっしゃるかと思いますが、それでは根本的なかすみ目の解消は期待出来ません。

そこでオススメしたいのが専用の「かすみ目サプリ」です。

 

かすみ目サプリは、手軽にかすみ目を解消する効果のある成分を摂取することが出来ます。

かすみ目サプリの成分まとめ。(解消効果の高い成分)

ルテイン

PCやスマホから発生するブルーライトや紫外線の影響により、目には活性酸素が過剰に発生し、老化スピードを上げてしまいます。ルテインはそんな活性酸素を抑制する働きを持ちます。

アスタキサンチン

ルテインと同じく高い抗酸化作用を持ち、水晶体や毛様体筋の老化抑制効果を得られます。目の奥の奥まで届く性質を持つのも大きな特徴です。

DHA

DHAの摂取によって血液がサラサラになり、酸素と栄養成分が効率よく目の細胞へ行き渡ります。結果的に眼精疲労やかすみ目対策に繋がります。

これら有効成分が含まれたオススメのかすみ目解消サプリをランキングでご紹介します。
特に第一位の「えんきん」には3つの有効成分全てが含まれています。

かすみ目解消サプリランキング

1位 めなり

ブルーベリーの中でも特に持続力と吸収率が高いビルベリーを100%使ったサプリで、目に関する不快感の改善を徹底サポートします。
年齢とともに減ってしまうルテインをマリーゴールドから抽出した純粋なルテインで補充することでも体をサポートし、スッキリクリアな日々を目指します。
GMP認定工場で最高レベルの品質と安全管理をされているので、安心して飲めるサプリです。

 

オススメしたい人 ・近くのものを見たときにぼやける
・目の乾きと疲れを頻繁に感じるようになった
・長時間目を使うのが辛くて仕方ない
主な特徴 ・モンド・セレクション最高金賞を受賞
・ビルベリーを170mgとたっぷり贅沢配合
・吸収率と持続率にも拘って高い実感力がある
成分 ビルベリーエキス/カシスエキス/ルテイン/グリセリンなど
価格 特別モニター毎月お届けコース907円
評価

2位 えんきん

細かい文字が見えづらかったり、慢性的に目の疲れを感じている人に向けた体に優しい目に良いサプリです。
年齢を重ねていなくてもスマホやパソコンを使うことで目が疲れを感じていたり、首や肩がパンパンになっている人にもオススメできます。
えんきんを4週間ほど続けると文字が見やすくなったという声も多く見られる人気の商品です。

 

オススメしたい人 ・ピントがなかなか合わずぼんやりする
・パソコンやスマホなどで目を酷使している
・最近値札の数字や新聞の文字が見えづらい
主な特徴 ・累計販売個数500万個を突破した人気商品
・ピント調節機能が4週間で改善したというデータあり
・目の健康を多角的にサポートしてくれる
成分 ルテイン/アスタキサンチン/シアニジン-3-グルコシド/DHAなど
価格 初回限定価格1,000円
評価

3位 ルックルックベリー

加齢や目の酷使によって疲れてしまった瞳に元気を与え、「3年後も今と同じ見え方」をコンセプトにしているサプリです。
ベリーの王様と言われているビルベリーやアサイーの他、6種類の厳選素材を贅沢に配合しているので目の元気を総合的にサポートしてくれます。
1日2粒、値段に換算するとたった53円で続けられることから長く続ける人が多いサプリです。

 

オススメしたい人 ・長時間目を使う作業が多く疲れ目を感じる
・夕方や夜の車の運転に不安がでてきた
・長くクリアな視界で元気に過ごしたい
主な特徴 ・アントシアニンの含有量が業界トップクラス
・ベリーの王様と言われるビルベリーを贅沢配合
・GMP認定工場で医薬品レベルの品質管理を行っている
成分 ビルベリー/アサイー/ルテイン/カシスなど
価格 100名限定の定期コース申込みで初回1,000円
評価

かすみ目解消に有効な成分①アントシアニン

目がかすんでしまう原因については理解してもらえたでしょうか。ここからは実際にかすみ目解消に効果が期待できる成分を紹介していきます。まず挙げるのはアントシアニンです。
目というとアントシアニンが出てくることが多いので、ご存知の方も多いとでしょう。

アントシアニンの効果

アントシアニンと言うと、ブルーベリーがイメージされやすいのではないでしょうか。ブルーベリーやナスなど紫色をした食べ物に含まれる色素で、ポリフェノールの1種です。
ポリフェノールの抗酸化作用についてはよく知られていますね。
私たちの身体では疲労やストレスによって活性酸素が増えてしまい、老化につながってしまいます。それを防ぐはたらきとして抗酸化作用があり、ポリフェノールは抗酸化作用がとても優れているということで、アントシアニンも目に限らず身体の老化を防いでくれるということです。
また、上述したロドプシンの再合成を助けるはたらきがアントシアニンにはあります。
アントシアニンがロドプシンを助けることで、光の情報を伝える手助けになるということです。夜間飛行のパイロットなどが積極的に摂取していたという話も有名ですね。

副作用や飲み方の注意

アントシアニンの効果と同様に、気になるのは副作用などの身体の反応です。特にサプリメントでは過剰に摂取するというケースも起きやすいので知っておきたいところですね。
海外では医薬品になっている場合もありますが、日本では違うので副作用というよりは過剰摂取と言った方が適切です。
そんなアントシアニンに関しては、過剰摂取について大きな心配はないとされています。サプリメントで毎日のように大量に摂取すると胃の痛みや肌荒れなどが起こるというケースもあるようですが、それでも症状は軽いようです。
毎日大量に摂ってということですし、これはアントシアニン単独ではなく他の成分も含まれての結果なのであまり気にしなくて良いでしょう。
アントシアニンだけを単独で摂るということは逆に難しく、サプリメントであれば製剤を飲んでいるので他の成分に反応している場合もありますし、自然食品で摂る場合でも他の成分も大量に摂ることになります。
なんであれ、大量に摂れば胃に負担もかかりますし、胃腸の調子が悪ければ肌も荒れやすくなるので自然な反応とも言えますね。

かすみ目解消に有効な成分②ルテイン

かすみ目解消に効果が期待できる成分としては、ルテインもよく知られていますね。目の問題ではアントシアニンと並んでよく取り上げられる成分です。

ルテインの効果

ルテインとはカロテノイドという色素の1種で、緑黄色野菜や甲殻類などの暖色系の色をイメージするとわかりやすいでしょう。
ルテインも眼の細胞に関与しており、上述したロドプシンの他に眼の細胞にはヨドプシンという成分も存在しますが、このヨドプシンのはたらきを助けるのがルテインです。
私たちはヨドプシンのはたらきで色彩の情報を得ていますが、紫外線やブルーライトによって目に活性酸素が発生するとそのはたらきが低下してしまいます。
ルテインは紫外線やブルーライトを吸収し、それらによって起こった活性酸素を除去するはたらきがあるということです。上記の緑黄色野菜や甲殻類、お茶などに含まれています。

副作用や飲み方の注意

ルテインも自然の食品に含まれるものなので、身体に直接的な害というものはありません。また、アントシアニン同様に副作用ではなく過剰摂取といった方が適切ですが、ルテインの場合もそれほど心配はないようです。
カロテノイドの過剰摂取によって柑皮症という皮膚が黄色くなる病気を発症したというデータもあるようですが、ルテインとの関係に明確な根拠は見つかっていません。
ただし、同じカロテノイドの1種であるβカロテンとの相性は良くなく、お互いのはたらきを弱めてしまうとも言われているので覚えておきましょう。

かすみ目解消に有効な成分③アスタキサンチン

かすみ目解消に効果が期待できる成分では、アスタキサンチンも挙げられます。アスタキサンチンも上述したカロテノイドの1種です。

アスタキサンチンの効果

カロテノイドの1種であるアスタキサンチンは、特に海のものに多く含まれています。エビやカニなどですね。サケはもともと白身で、アスタキサンチンによってピンクになっているというのはご存知の方もいるのではないでしょうか。
川を遡るということは身体にとってとても大きな負荷ですが、アスタキサンチンを蓄えていることによって耐えられているとされているのです。
身体に大きな負荷で関連するのは、上述した活性酸素の発生ですね。疲労やストレスによって増える活性酸素ですが、サケは身体にアスタキサンチンを蓄えておくことで川を遡る疲労やストレスに対処しているということです。
アスタキサンチンの抗酸化作用はポリフェノール同様とても優れているとされているので、私たちの身体も老化から守ってくれます。身体の中で一番老化していくのが早いのは目とも言われていますので、意識して摂っていきたいですね。

副作用や飲み方の注意

アスタキサンチンも先に述べた2つと同様で、副作用や過剰摂取の心配はほとんどないようです。ただし、食事から摂る場合ではアレルギーのこともありますので注意しましょう。
甲殻類などのアレルギーはないと思っていても、疲労で抵抗力が落ちている状態だと症状が出る場合もあります。

かすみ目の原因

まずは、目がかすむようになってしまう原因についてみていきましょう。単純に効果があるとして飲むよりも、しくみを知っている方がよりためになりますね。
基本的には疲れということですが、疲労によって目で何が起こっているのかを挙げていきます。

ピントを合わせる筋肉の疲労

基本的には疲れと述べたように、目に限らず私たちの身体は際限なく動き続けることはできません。
だんだんと疲労は溜まっていきますし、溜まった疲労は休息などで解消しないとはたらきは落ちてしまいます。
アスリートではしっかりと休養をとるのもトレーニングのうちと言われますが、一般の人でも適切な休息は重要ということですね。
学校の授業で習った人もいると思いますが、私たちの目は水晶体というレンズを通して光をとり入れています。そして、水晶体の厚みをかえることでピントを調節していますが、その水晶体の厚みをかえているのが毛様体筋という筋肉です。
疲れ目やかすみ目では、この毛様体筋の疲労によってピントの調節がうまくいかなくなっているということですね。
ピントスピードという言葉などメディアでみたことがある人もいると思います。毛様体筋の疲労によって、ものを見たときに無意識に行われているピントを合わせるというスピードが遅くなることで目がかすんで見えるということです。
見えづらくてもう一度しっかり見直したときにようやくピントが合うというのは、多くの人が経験しているでしょう。

眼の細胞の疲労

疲れ目やかすみ目は、毛様体筋の疲労だけでなく眼の細胞の疲労も加わっていることがあるとされています。
水晶体というレンズから入った光は網膜に至り、そこで視覚情報に変えられてから視神経を介して脳に伝わるというルートを通ります。これも学校で習ったという人もいるのではないでしょうか。
この網膜での細胞で光が視覚情報に変えられるということですが、この細胞も疲労ではたらきが落ちてしまうということです。具体的にはロドプシンという色素がこの細胞にはあり、ロドプシンによって光の量が感知され、脳に伝えられます。
ロドプシンは使われた後には再合成されて不足のないようになっていますが、疲れ目やかすみ目では一時的に足りなくなってしまっているということですね。
特に明るい・暗いといった情報に関連しているロドプシンは、暗いところでもしばらく経つと目が見えてくるといった暗順応やその反対の明順応にはたらいており、その不足によって明るいところでも見えづらくなってしまうということのようです。

まとめ

目がかすむ原因や、かすみ目解消に有効とされる成分について紹介してきました。どの成分も食品から摂れるものではありますが、サプリメントを有効に使うことで安定して摂取していけると良いですね。

かすみ目は休息を必要としているサインでもあるので、サプリメントで栄養を摂ることだけでなく、しっかりと休息をとることも意識していきましょう。

コメント