放置すると怖い飛蚊症の原因と症状から判断する3つのセルフチェック

飛蚊症

視界に糸くずや蚊のような黒い影が見えてくる飛蚊症(ひぶんしょう)。

虫やアメーバが目の前で動いてるように見えるので不安になる方が多い病気・症状です。

 

飛蚊症の症状・原因はどのようなものがあるのでしょうか?

また、飛蚊症によってどのような病気を引き起こす可能性がある?

さらに、飛蚊症になった際の「3つのセルフチェック対策ポイント」

など、飛蚊症の見分け方と対策についてご紹介したいと思います。

飛蚊症の原因はどこにあるの?どんな症状?

飛蚊症の主な原因

飛蚊症の主な原因は、「ストレスから来るもの」と言われています。

 

目には水晶体(レンズ)と網膜(焦点を結ぶ)の間に広くゼリー状の硝子体(しょうしたい)という部分があります。

ここがストレスなどでダメージが加わり、硝子体の性質が変化し水のようになり繊維状の“浮遊物”が発生すると言われています。

 

その浮遊物が網膜に写ることで目の前に影が見える(蚊が飛ぶように見える)症状を「飛蚊症」といいます。

もう少し詳しく飛蚊症の症状をご説明したいと思います。

飛蚊症の症状

飛蚊症には「生理的飛蚊症(治療の必要はない)」と「病的飛蚊症(治療の必要が出て来る)」の2種類があると言われています。

病的飛蚊症では網膜剥離(膜が剥がれて視力低下)、硝子体出血(糖尿病や高血圧などから起こりやすい)、ぶどう膜炎(一部に濁りが生じる)などが考えられます。

 

この2種類の内のほとんどはストレスなどから来る「生理的飛蚊症」になりやすいとされています。しかし、生理的飛蚊症でも悪化すると病的飛蚊症になることもあるようです。

 

見分ける方法は難しく、自分では不可能と考えておくと良いでしょう。

生理的飛蚊症だと一度診断された方でも飛蚊症の量が多くなった場合は注意が必要とのことです。

飛蚊症で病院に行くべき人・行かなくてもよい人

飛蚊症は必ず1度は病院に行く

飛蚊症になってしまった方は、自分では「生理的飛蚊症」なのか「病的飛蚊症」なのかの判断がほぼできません。

ですので、1度は必ず病院にいくようにしましょう。

 

そこで生理的飛蚊症になった際に初めて、対策を始めていくことができます。

病院に行くと「気にしないことが大切です」と言われます。これはストレスが原因だからです。

 

精神的ストレスだけではなく「運動不足」「睡眠不足」によるストレスもありますので、注意が必要です。

飛蚊症になった場合、病院に行かなくても良い方はいないと考えるようにして下さい。

悪化していくようなら病院へ

生理的飛蚊症は「加齢」によって硝子体の一部が濁ってしまう「後部硝子体剥離」に派生することもあります。

加齢も原因になるということで、30~40代の方に多いとのこと。

 

また、真ん中だけがボンヤリして見えない中心性漿液性脈絡網膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう)という病気は網膜の中心にある「黄斑部」に水がたまることで引き起こります。

 

その他にも網膜に穴が空く「網膜裂孔」やその穴の中心に網膜が剥がれる「網膜剥離」によって飛蚊症が悪化することもあります。

“飛蚊症が悪化してきた”という方は定期的に病院に行くのが良さそうです。

ポイント①飛蚊症の原因となりやすい「ストレス」の軽減

飛蚊症を気にしすぎない

飛蚊症の対策ポイントとしては、1番の原因となりやすい「ストレス軽減」をまず気をつけましょう。

飛蚊症は追いかけてもついてくるので、まずは「飛蚊症を追いかけない」「ピントを合わせない」ことです。

 

最初は不思議がって、飛蚊症を追いかけたりしてしまうのはしょうがないと思います。

しかし、追いかけすぎると「自分だけなのでは?」と不安になり、余計にストレスがかかってしまいます。

 

飛蚊症は硝子体が原因なのですから“ついてくるのが当たり前”です。

ストレス軽減にはまず気にしすぎないことから始める必要があります。

独自の方法でストレス軽減

また、独自の方法でストレスを軽減していきましょう。

まずは「睡眠をよく取る」「適度な運動をする」など体力的なストレスを減らすことに注力していきましょう。

 

そして、精神的なストレス軽減としては「涙を流す(感情の浄化)」「大声を出す」「大笑いをする」「紙にイライラや殴り書きをする(ポジティブでもネガティブでも良い」などが推奨されています。

 

他にも「映画に観る」「本・マンガを読む」「お笑い番組を観る」など独自のストレス軽減の方法は色々あるはずです。

楽しいと思う習慣を大切に、ストレス軽減のための継続的な行動を大切にしてやっていきましょう。

ポイント②視界を良好にするための「ルテイン」と「老眼対策」

ルテインは目に栄養を与える

2つ目にやった方が良いのは「ルテインの摂取」と「老眼対策」になります。まずルテインは目に栄養を与える“天然のサングラス”として注目されている成分になります。

ルテインの効果としては「抗酸化作用(活性酸素を防ぐ)」というものがあります。活性酸素が増えてしまうと、目の細胞を傷つけ、上記のような病気を引き起こすきっかけになります。

また、ルテインはPCやスマホで発せられるブルーライトを吸収する効果があるようです。ルテインは元々人体にあるものですが、加齢により少なくなってしまいます。

ですので、ルテインが含まれるサプリメントやルテインが多く含まれる「ケール」「サボイキャベツ」「パセリ」「ほうれん草」「ブロッコリー」「芽キャベツ」「かぼちゃ」「人参」などを積極的に摂取していきましょう。

老眼対策も大切

飛蚊症は老眼と同時に引き起こる方が多く、60代の3人に1人は飛蚊症になるとのこと。

老眼と同時に来る場合、かなりのストレスになってしまいますので、老眼対策も大切です。

 

早い方なら30代後半から起こるとされる老眼の対策として「飛蚊症と同様に気にしすぎない」「近い所と遠い所を交互に見るトレーニングをする」ものがあります。

老眼対策をしておくことで、飛蚊症のサインを見逃すことが減ってくるはずです。

ポイント③“危険サイン”に注意して、定期的に眼科検診に行く

飛蚊症の危険なサインとは?

飛蚊症の危険なサインとしてはよく言われるのが「虫のような黒い影が以前より多くなった」というものが1つ。

もう一つは「視界の一部が白(もしくは黒)く濁っている」というもの。

 

生理的飛蚊症から“数”や“視界”が悪化した場合は、必ず病院で診断を受けるようにしましょう。

これは飛蚊症が症状に出る病気はいくつかあって、自分では全く判断できないものだからです。

 

自分では判断できないが不安という場合も、そのストレスが悪化になってしまいます。

その不安解消のためにも自分の感を信じて、病院に診断を受けに行きましょう。

定期的な眼科検診で気になることを聞く

健康診断は年1回ちゃんと受けているが、眼科検診は受けていないという方も多いのではないでしょうか?

眼科検診で分かることは「目の動きの違和感」「網膜の状態」「視力低下やその原因」「視神経の異常」など様々なことがわかります。

 

また、眼科検診の際に相談するだけなら無料なので、気になることを聞いておくことにしましょう。

数年前に飛蚊症を見てもらったという方なら、もう一度見てもらう機会にもなります。

 

眼科検診に関しても最低1年に1回が良いと言われています。

何かしらのサインがある場合や最近行ってないので、不安を解消したいという場合は特に、定期的な眼科検診を受けるようにしておきましょう。

まとめ

飛蚊症は60代の3人に1人が出て来るものとして、パソコンやスマホを利用する日本人にとって切っても切れないものになりつつあります。

しかし、飛蚊症は目障りですし、とても気になるものです。

 

しかし、その気になるストレスが悪化の原因となり、網膜剥離などの病気を引き起こしてしまいます。

まずは1度病院に診断に行ってから、生理的飛蚊症であるかの確認をしていきましょう。

 

そして、その以前の状態よりも飛蚊症が少しでも悪化した場合は、病的飛蚊症になった可能性がありますのですぐに病院に行くことをオススメします。

目を適度に休めながら、飛蚊症と上手く付き合っていきましょう。

コメント