目に負担の少ない眼鏡の選び方と注意点

メガネ

UVカット機能を必ず選ぶこと

眼鏡といえば、衰えた視力や乱視など様々な症状に対して適切な視力を補う目的で用いる道具として広く用いられていますが、実際のところ、眼鏡には視力を矯正するという効果だけに留まらず、目を労る効果も備わっていることをご存知でしょうか?

特に、昨今眼鏡店などで販売されている新しいタイプの眼鏡には、日常生活に於ける様々な目へのストレスを軽減する効果や役割を担っている物もあり、こうしたタイプの眼鏡を率先して選び活用することで、疲れ目などの代表的な症状を軽減できたり、場合によってはドライアイなどの症状を予防することも十分に可能です。

眼鏡に搭載されている様々な機能の中でも、特にアイケア効果として抜群の役割を担ってくれるのが、UVカット機能です。UVとは「ultraviolet」の略語で、紫外線を意味します。ご存知のように、紫外線という光線の一種は、日中に空から降り注ぐ太陽光に最も多く含まれているほか、最近では店頭や住宅の照明としても用いられている蛍光灯からも微弱ながら放出されており、私たちの身近な環境に多数存在しています。

この紫外線という光線は、目や皮膚をはじめ、体内の免疫系にも多大な影響を及ぼすことが実験などでも実証されており、強い紫外線を浴びすぎると、眼球の表面が乾くドライアイをはじめ、白内障や緑内障など重篤な眼病を誘発する恐れもあり、非常に危険な存在といえるでしょう。

UVカット機能とは、この紫外線が眼鏡のレンズを通して眼球とその内部に侵入することを予防する機能で、特にUVカット機能が搭載されていない度入りの眼鏡を使っている方は、度が入っていないサングラスなどのレンズと比べ太陽光や蛍光灯から放出される紫外線をより多く摂り入れてしまうことから、特に注意が必要です。

これから眼鏡を購入しようと検討している方や、今使っている眼鏡から新しいタイプの眼鏡に買い替える方は、必ずUVカット機能を選択しておくことをお奨めします。また、実際にUVカット機能に対して多く存在する誤解の1つに、色つきのレンズに紫外線の防止効果があるものがありますが、これはNG

サングラスなどに見られる色つきのレンズ自体には、眼球に進入する光量を抑える効果がある一方、UVをカットする機能自体は含まれていないので、色つきのレンズだからといって必ずUVカット機能が搭載されているとは思わないように注意してください。

度数が必ず現在の視力に合ったものを使うこと

衰えた視力を補ったり、乱視や老眼などピント調節機能をサポートする目的で眼鏡を利用している方に特に注意してもらいたいアイケアの1つが、眼鏡に搭載されている度数についてです。度数とは、衰えた視力を一定の視力の状態まで補うため、眼鏡のレンズ部分に拡大機能を持たせることで、視力に応じて度数も適宜変化します。

個人差はもちろんのこと、同じ方であってもその時の裸眼視力の状態によって度数には変化が現れます。一方、眼鏡といえば、一度購入すると数年単位で使い続けてしまうのが一般的ですが、人間の裸眼視力は、日々の生活スタイルや様々な条件によって更に悪くなってしまったり、若干改善したりしています。

この裸眼視力の変化に対して眼鏡の持つ度数も適宜変化させる必要がある一方、視力に対して眼鏡の度数を変えず同じ眼鏡をずっと使い続けてしまうと、目の視力をサポートする対策アイテムとなるどころか、目に多大な負担をかけてしまったり、疲れ目や眼病の原因となってしまう恐れがあります。

眼科などでは、こうした眼鏡による目への負担を軽減する目的から、毎年、眼科や眼鏡店での視力の再検査の実施を啓発するなどの活動も行っているほどで、それほどまでに眼鏡の度数はアイケアを実践する上で非常に重要な存在であるということを利用者自身が理解しておく必要があります。

眼鏡の度数自体は、レンズを適正な度数を持ったものに交換するだけで完了しますから、現在使用している眼鏡のフレーム部分はそのままに、レンズだけを交換して正しい状態に作り替えることができるので、ドライアイや疲れ目を予防するためのアイケア対策としても非常に有効です。

レンズの傷は疲れ目を助長する存在

眼鏡は、眼球に直接装着する使い捨てタイプのコンタクトレンズとは違い、かけたり外したりと使い勝手のよい面と、使い捨てではなく継続して長期間使用するという利用時における2つの特性上、日常生活を通じて様々な箇所に傷がつきやすい事実は否めません。そして、このレンズに付いた傷が、実は私たちの目にとって非常に大きなストレスとなってしまう恐れがあります。

特に、伊達眼鏡ではなく度が入った眼鏡を使っているかたほど、レンズの表面についた傷は、たとえ微細なものであったとしても、眼鏡を装着している間、 常にその傷が視界内に入り見えてしまうので、無意識のうちに傷部分に目のピントが合いやすくなってしまいます。

当然ながら、眼鏡をかけている方自身は、意識しているものにピントを合わせようとしますが、目自体は視界に入る全ての情報に対して適切なピントを合わせようとしますから、意識していなくともレンズ表面の小さな傷にもピントを合わせようとし、この目の動きが目にストレスを与える大きな要因となってしまうのです。

目が常にピント調節をすることによって、ピント調節の役割を担う水晶体と繋がった筋肉が疲れてしまい、疲れ目や涙が適切に分泌されず起こるドライアイなどの症状を誘発する恐れも十分に考えられます。

こうした目に対する疲れやストレスを最小限に抑えるためにも、眼鏡のレンズ表面に小さな傷ができてしまった際には、必ず傷をなくすか目立たなくさせる対策を行うことが肝心です。

小さな傷であれば、専用のアイテムを使ってレンズ表面を磨くことで傷をなくすことができるほか、大きな傷の場合はレンズだけを交換することも可能なので、気になる方は必ず眼鏡店での眼鏡のケアを行うことをおすすめします。

矯正視力が高すぎる眼鏡はNG

視力を矯正する眼鏡は、特に視力が低いという方にとって欠かせないアイテムの1つといえます。ただ、眼鏡に対する誤解として多くの方が抱きやすいのが、「視力を矯正するアイテムだからこそ、眼鏡をかけることで視力が向上すればするほどいいのでは?」というもの。

確かに、視力を高くする目的で用いるアイテムだからこそ、よりよい視力を維持することができる眼鏡ほど有用だという発想を抱くのは当然のことと言えるでしょう。ただし、眼鏡本来の役割をきちんと理解していれば、この「見えすぎる眼鏡」ほど、目に多大な負担をかけてしまうことが理解できるのです。

本来、私たちの目は、裸眼の視力が1.01.2程度あれば、十分に日常生活でストレスなく生活できるレベルにあると言われています。ところが、度が強すぎる眼鏡を用いて矯正後の視力が1.52.0のような非常に高い数字を維持してしまうと、物が見えすぎることによって目に対して多くのストレスや負担をかけてしまいます。

なぜなら、裸眼視力が低い目は、その悪くなってしまった視力に合わせた筋肉の働きや目とその周辺組織への血液の運搬を行うように変化しているので、眼鏡で視力を強引に上げてしまうと、悪くなった視力に対する働きしか行えなくなった筋肉や血流は、それに対応しようと本来より過剰な働きを行ってしまいます。

これが、結果的に筋肉や血管に負担をかける要因となり、この状態が継続されることによって疲れ目やドライアイなどの諸症状をはじめ、様々な眼病を誘発する可能性となってしまう恐れも。

更に、視力が矯正することによって高くなりすぎるということは、裸眼の状態と比べより多くの情報を一度に処理しようと脳が働くことを意味するので、見えすぎることによって目だけでなく脳をも酷使してしまい、頭痛など不快な症状を誘発する危険性もあります。

このように、度の強い眼鏡を使って視力が良くなりすぎることもまた、アイケアを行う上で避けておきたい要素ですから、これらの症状への適切な対策として、本来の裸眼視力を適正な視力にまで矯正できる眼鏡やコンタクトなどの対策品を用いるようにしましょう。

コメント