目のかすみは老眼?疲れ目?症状で見分ける方法!

疲れ目

疲れ目の症状について!

近年ではパソコンやスマートフォンの長時間利用により、目がかすんだり、ショボショボしたり、乾燥してドライアイになったり、さまざまな目の症状で悩んでいる人が急増しています。しかし、現代社会においてパソコンやスマートフォンの使用をなくすことは難しいため、疲れ目の予防や改善対策を取りながら、目のケアをしていくことが重要です。

目のかすみは目の疲れ?老眼?

パソコンやスマートフォンの長時間の使用で目を酷使していると、徐々に目がかすんでくるという経験をしている人も多いのではないでしょうか。このかすみ目の症状ですが、かすみ目が疲れ目による症状なのか、あるいは、老眼なのかよくわからない場合もあります。

しかし、かすみ目を放っておくと、目だけではなくさまざまな身体症状が現れる可能性もあります。パソコンなどをしていて目がかすんできた場合、早くも老眼が始まっているのかと疑っている人は、疲れ目なのか老眼なのかを見分けるようにし、早めに対策を取るようにしましょう。

かすみ目が起こってしまうメカニズムとは?

かすみ目には、主に疲れ目が原因の場合と老眼が原因の場合があります。字や物がぼやけて見えたり、かすんで見えたり、近くのものが見えづらいなど、ピントが合っていない状態をまとめて、かすみ目と言います。この時、目の中は一体どのような状態になっているのか、かすみ目が起こるメカニズムについて見ていきましょう。

まず、目のピント調節を行うのは、レンズの役割をする水晶体と、水晶体の厚さを調節する毛様体筋です。これらが正常に働いている場合には、遠くを見る時には毛様体筋は緩み、水晶体は薄くなります。そして、逆に近くを見る時には、毛様体筋は縮み、水晶体は厚くなるのです。

このように毛様体筋が水晶体の厚さを調節することにより、光や色、形などを識別する網膜に映る映像のピントを自然に調節しているのです。しかし、この毛様体筋の機能が衰えることにより、水晶体の厚さを調節することができないため、ピントがずれてしまい、かすみ目が起こってしまうのです。

かすみ目の原因とは?

毛様体筋の機能が衰えてくることによりかすみ目が起こりますが、大きく分けて疲れ目が原因の場合と老眼が原因の場合があります。

疲れ目が原因の場合

パソコンやスマートフォンによる目の酷使!

仕事中は終日パソコン作業をしていたり、自宅でもテレビやスマートフォンを見続けていたりするなど、1日の生活の大半において目を酷使している場合は、どうしても目に疲労が溜まってしまいます。また、スマートフォンや活字を追うことで、近くを見ている時間が長くなるため、毛様体筋は水晶体を膨らませるために縮んでおり、緊張した状態が長く続くのです。

そして、この緊張状態が長く続くと、ふと遠くを見た時に毛様体筋がうまく緩まずに、ピント調節に時間が掛かってしまいます。これが、疲れ目によるかすみ目が起こる原因なのです。

メガネやコンタクトレンズが合っていない!

近視·遠視·斜視などの目の症状があるにもかかわらず、メガネやコンタクトレンズなどを着けていなかったり、着けていてもピッタリ合っていなかったりすると、無理にピントを合わせようとして毛様体筋が緊張を続けていることになるのです。そのため、かすみ目に繋がります。

まばたきの数が減る!

パソコン作業中など、自然とまばたきが減っている場合には、眼の表面が乾いてしまい、ドライアイのような状態となり、かすみ目が起こります。

老眼が原因の場合

目の老化は加齢と共に誰にでも訪れますが、老眼によっても、かすみ目が起こります。しかし老眼の場合は、疲れ目が原因のかすみ目とは仕組みが異なります。老眼の場合、加齢によって毛様体筋が硬化していくため、動きが鈍くなるのです。

さらに、レンズの役割をしている水晶体も硬くなるため、弾力が失われるのです。そのため、ピント調節機能が徐々に衰えてくるのです。特に近くを見る時などに、よく目がかすむようになってしまいます。また、それにより目の疲れも増していくのです。

かすみ目の原因の見分け方!

かすみ目の原因が、疲れ目によるものなのか、老眼によるものなのかを見分ける方法については、以下の通りです。

疲れ目が原因の場合!

疲れ目が原因のかすみ目の場合は、近くを長い間見ていて急に遠くを眺めた場合に視界がぼやけます。しかし、しばらくすると毛様体筋の緊張が緩んでピントが合います。

老眼が原因の場合!

老眼が原因のかすみ目の場合は、毛様体筋の縮まる筋力が弱まるため、近くを見るとぼやけます。加齢により毛様体筋と水晶体の可動域が小さくなってくるため、ピントの調節にも限界があり、しばらくしてもピントが合うことはありません。

これらのことから、かすみ目の原因が疲れ目によるものなのか、老眼によるものなのかの見分け方については、しばらく時間を置いた後に、ピントが合うかどうかと言うことになります。

疲れ目を和らげる方法とは?

疲れ目を放っておくと、目だけではなく肩凝りや偏頭痛などさまざまな身体症状になって現れる可能性があるため、早めに改善対策を取るようにしましょう。疲れ目を和らげるために手軽にできる対策として、ホットタオルなどで目を温めたり、冷たく絞ったタオルで目を冷やしたりする方法があります。

また、これらの方法は、目の症状によって温めた方が良い場合と、冷やした方が良い場合があります。どのような場合に目を温めたり、冷やしたりすれば良いのかを見ていくことにしましょう。

目を温める方法!

ホットタオルなどで目とその周辺を温めることで血管が広がり、血液循環が良くなります。これにより、新陳代謝が促され、筋肉が柔らかくリラックスした状態になるため、目の疲れからくる頭痛や肩凝りなどを和らげる効果が期待できます。また、目を温めることは疲れ目だけではなく、ドライアイにも効果が期待できます。

ドライアイは、マイボーム腺という油を分泌する腺が詰まることにより、目の乾燥を防いでいる油膜が足りなくなることで症状が現れます。しかし、ホットタオルを当ててまぶたを温めることにより、詰まっていたマイボーム腺の油が溶かされるため、油膜の潤いに繋がり、ドライアイの改善対策に繋がります。

さらに、目の周囲を温めることで涙腺の血流が促されるため、涙の分泌も促されることになります。しかしながら、目が炎症していたり、充血していたりする場合には、ホットタオルで温めてしまうと、症状が悪化してしまう可能性があるため注意が必要です。

目を冷やす方法!

冷たく絞ったタオルで目や目の周りを冷やすことにより血管と筋肉が収縮するため、そこから元に戻ろうとする力を引き出すのが目を冷やす方法です。この目を冷やす方法は、一晩眠ると良くなるような疲れ目に効果が現れやすいのが特徴です。また、目を温める場合とは反対で、目が炎症を起こしていたり、充血していたりする場合や、急な痛みを感じる時などにもおすすめの方法です。

但し、これらの症状が出ている場合でも、必ずしも冷やせば良いとうわけではなく、虚血性視神経症という病気の場合は、冷やしてしまうと、視力障害をさらに悪化させることもあります。このような自分では判断が難しい場合には、眼下を受診したり、医師に相談するなどし、治療法の指示を受けるようにしましょう。

コメント