食事で疲れ目を治す!疲れ目におすすめの3つの食材・成分

疲れ目

食生活の乱れと疲れ目

現代ではより食事が重要に

疲れ目対策の一つに食生活の改善がありますが、現代ではさらに重要度が増しています。現代人はスマートフォン等が欠かせず、従来以上のアイケアが疲れ目には必要になっているのです。そのため、疲れた目を癒すだけでなく、そもそも疲れにくい目の環境を整えてあげることも大切になります。体の調子を整えるのはまず食生活からですし、疲れ目対策にもそれは変わりありません。

食生活の乱れによる影響

今食生活が乱れており、かつ疲れ目にも悩まされている方は要注意です。食生活の乱れは様々な異変をもたらしますが、その一つが疲れ目なのです。必要な栄養素が目に行き届かず、それが一つの原因で疲れ目になってしまうのです。そのため、食生活を改善することは疲れ目になりにくくなるだけでなく、すでに疲れ目になっている方がその原因の一つを無くすことにもなるのです。

また、若い間は回復力の高さから、そこまで食生活の乱れも影響しないかもしれません。しかし、徐々に歳を重ねていくにつれ、ドライアイなど回復力が追いつかなくなっていきます。若いうちから老いた時のための準備をすることはとても大切なことなので、ドライアイ対策のみならず食生活は改善するべきです。

疲れ目が治りにくくなったら

今までは一時的な疲れ目ばかりだったのに、疲れ目が時間経過で治りづらくなったら眼精疲労が考えられます。その名の通り目の疲れが蓄積し、簡単には取り除けない状況にあるものですが、これもやはり食生活から改善することもあります。眼鏡の度を合わせるなどの対策もありますが、せっかくなら身体の内部から健康的にしていきましょう。

疲れ目におすすめの3つの食材・成分

アントシアニンと疲れ目対策

疲れ目対策における代表的な成分の一つが、アントシアニンです。主にブルーベリーやナス、ブドウなどに多く含まれている成分ですが、タンパク質の生成を促す効果があります。また、疲れ目の原因の一つでもある紫外線から目を守る効果も期待できます。紫外線は光が当たる所だけ警戒されている方もいますが、見えない所で常に襲いかかってきます。

そんな油断ならない紫外線から目を守るためには、アントシアニンなどを外部から補給する方法が最も手軽なのです。この成分が配合されているサプリメントも豊富なので、わざわざ大量のブルーベリーを食べなくて済む点も高得点でしょう。

ビタミンの補給

ドライアイを解消するには、目の網膜を構成する栄養素などを正しく補給しなければなりません。それこそがビタミン群であり、特にビタミンAとビタミンBはとても大きな役割を果たします。アントシアニンと同様に、タンパク質の元となるビタミンAは、主にレバーやかぼちゃなどに含まれているため、日々の食卓に取り入れてみましょう。

また、ビタミンBには筋肉をほぐす役割があります。疲れ目は常時目の筋肉を使い続けていることも影響しているため、どこかでクールダウンしなければなりません。それを促すのがビタミンBであり、眼精疲労の状態を回復してくれる効果が期待できるのです。これもレバーなどに含まれているため、ビタミンAと一緒に摂取しやすいメリットがあります。

DHA

DHAは頻繁に目にする成分の一つであり、主に青魚に含まれている成分です。また、網膜を構成する主成分として欠かせない成分でもあるため、積極的に摂取することで疲れ目に不足しがちな成分を補給できるのです。

時に視力回復効果も期待できることから、最近デスクワークが多くて疲れ目と共に視力低下も懸念している、といった方にもおすすめできる成分です。DHAにはこの他にも、認知症対策といった脳にエネルギーを補給する役割も担っているため、様々な効果が複合的に期待できるでしょう。

コメント