疲れ目の軽減はメガネから|目に優しいメガネの条件チェックポイント

メガネ

目に悪影響を及ぼすメガネの特徴

度数が適正でない

メガネを必要としている方の中には、現在愛用しているメガネを数年前から数十年前に作ったきりという方が少なからずいらっしゃいますが、実際のところ、これはメガネによる視力の改善を図るどころか、逆に疲れ目の原因となってしまったりドライアイなど眼病の要因となってしまう可能性があります。

そもそも、メガネは衰えた視力を補うために装着する道具ですが、あくまでも現在の目の状況に適した度数がきちんと保たれていることによって初めて、その効果が実感できます。

にもかかわらず、作成後数年以上経過しているのに度数やレンズの状態が今の目の環境に適しているかどうかチェックせずに放置したままでいると、そのメガネが目に優しいどころか厳しい存在となってしまい、疲れ目だけでなく、ドライアイや近視、乱視や老眼といった諸症状を引き起こしてしまう危険性さえも十分に考えられるでしょう。

フレームの装着感が悪い

メガネは、レンズとフレームという2つの重要なパーツによって構成されているアイテムで、これらのいずれか一方か、或いはその両方が身体に適していなければ、装着する事によって目を疲れさせてしまったり目の負担となる可能性もあります。

特に、実際にメガネを眼部に装着する重要な役割を担っているフレームは、その形状が本当にご自身の顔形に適した状態で作成されているか?が非常に重要なポイントとなるでしょう。

例えば、フレームが、そのメガネを利用されている方の顔形に全く合っていなければ、メガネをかけることによって疲れを感じやすくなってしまったり、レンズが正しい位置に装着されず、眼球が不要な動きを行ってしまった結果、眼病を患ったりドライアイなどの症状を引き起こす可能性も否定できません。

目に優しいメガネの条件

メガネは、単なる視力を補正したり良好な視界のサポートを行う道具としてだけでなく、一種に医療機器の1つであるという認識を持った上で適切な物を作成する必要がある重要な存在です。

非常に重要であるのにもかかわらず、デザイン性や価格など性能以外の部分ばかりを重視して安易にメガネを選んでしまうと、視力や目の働きを補う対策どころか、目に様々な悪影響を及ぼす可能性も。こうした最悪の結果を予防する為にも、目に優しいメガネの選び方を実践するよう心がけましょう。目に優しいメガネを選ぶ上で必ず注意しておきたいのが、

  • レンズの性能
  • フレームの装着の快適さ
  • 付加性能の選択

という3つのポイントです。まず、メガネを選ぶ上で最も重要となるのが、レンズです。ご存知のように、レンズは本来の視力をより高める働きを持つ重要な存在ですが、ただ単に度が強いレンズを選べば良いというわけではありません。本来必要とする以上の度のきついレンズを装着してしまうと、目が過剰に視野の様々な情報をとり入れてしまったり、大幅に拡大された視界に対してピントを強制的に合わせようとします。

結果、これが眼精疲労に代表される筋肉と視神経の疲労に繋がってしまい、慢性化することで眼病となるケースも。こうした状態を回避するためにも、必ず現在の視力に合った度数を持つレンズを選ぶのがポイント。大抵の場合、眼科やメガネ店で現在の視力を計測してもらえるので、その情報を店頭で提示し、適したレンズを作成してもらうようにしましょう。

また、フレームについてもレンズと同様、身体にピッタリと合ったものを選ぶのが重要なポイントです。デザイン性や価格の安さなどで選びがちなフレームですが、これらの条件以上に、身体にフィットするかどうかが最も重要なので、特に通販などで購入する際には、必ず事前にフィッティングなどを行い装着時の快適さをチェックしましょう。最後に、目に優しいメガネを選ぶ上で覚えておきたいのが、メガネの付加性能の存在です。

例えば、近年注目されているブルーライトカットレンズなどがその最たる存在で、目に優しいメガネを作成する上でできるだけ選んでおきたい性能といえますし、特にOA機器やスマホなどを多用する機会の多い方にとっては、疲れ目対策として有効です。更に、紫外線カット性能を付与しておけば、外出時の目に対するダメージ対策となるでしょう。

コメント