疲れ目は放っておくと大変!疲れ目の症状・原因と解消する方法まとめ 

疲れ目

疲れ目の症状について!

近年、特にパソコンやスマートフォンを長時間使用している人が増えているため、日頃から疲れ目で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。疲れ目をそのまま放っておくと目がぼやけてきたり、充血したり、ドライアイになるだけではなく、次第にさまざまな身体的症状が現れるようになります。

そのため、疲れ目を放っておかずに、予防や何らかの改善対策を取ることが必要です。疲れ目になると目だけではなく、さまざまな症状が身体にも現れます。疲れ目の主な症状については、以下の通りです。

目に現れる症状について!

疲れ目に伴う症状には、代表的なものとして、目の奥の痛み、目が乾燥する、目の周りの皮膚の痙攣、目がショボショボする、視点が合いづらいなどがあります。

身体に現れる症状について!

疲れ目になると、目以外にも症状が出るケースがあります。なぜなら、疲れ目によって目に生じる不快な症状をそのまま放っておくと、それをカバーしようとして身体の他の部分に知らず知らずのうちに余分な力が掛かかるからです。その結果として、肩凝りや偏頭痛、身体のダルさなどが現れます。

疲れ目の原因とは?

疲れ目を解消するためには、なぜ疲れ目になるのか、その原因を知っておくことが大切です。

目の筋肉が疲労している!

眼球の中には、毛様体筋という筋肉があります。目は毛様体筋により水晶体の厚さを調整しており、目のピントを合わせることができます。そのため、目の近くでスマートフォンを操作したり、近くのものを見続けることによって、毛様体筋に負担が掛かってしまうのです。

また、同じ距離にあるものを長時間見続けていると、筋肉が固まり、緊張した状態になります。すると急に遠くの方へ視線を移した際にピントが合い辛くなり、目がぼやけて見えてしまうのです。

適切な視力矯正をしていない!

近視·遠視·乱視·老眼などの目の症状があるにもかかわらず、放っておいたり、適切な矯正を怠っていたりすると、疲れ目の原因になります。また、眼鏡やコンタクトレンズなどの度数が合っていない場合にも、目が疲れる原因となります。

基本的に度数が強すぎても弱すぎても、目には負担が掛かります。これを防ぐためには、定期的に眼科を受診するようにし、必要に応じて視力の矯正を正しく行うようにすることが重要です。

ドライアイになっている!

人は通常3秒間に1度の頻度でまばたきをしています。しかし、読書をしている場合には6秒間に1度、パソコンやスマートフォンを使用している場合には12秒間に1度程度になると言われています。まばたきには、眼球の表面を涙の膜で覆うという重要な役割があります。

そのため、まばたきの回数が少ないほど目が乾きやすくなり、ドライアイになりやすくなるのです。また、疲労やストレスなどの心理的影響、エアコンの効いた乾燥した部屋に長時間いた場合なども、ドライアイの原因となります。

パソコン環境から疲れ目を予防する対策とは?

特に現代人は、常にパソコンやスマートフォンを使用しており、目を疲れさせる環境にいます。そのため、日頃から、疲れ目対策をしなければ、目の疲労がどんどん蓄積していくことになります。疲れ目になりやすいパソコン環境の改善対策を取ることにより、疲れ目を予防したり、軽減することに繋がります。疲れ目を予防するためには、どのような方法があるのでしょうか。

パソコン画面の明るさを調整!

自然光や照明がパソコンのディスプレイに反射するような明るすぎる場所で画面を見ていると、目が疲れてしまうため良くありません。これを防ぐためには、ディスプレイの角度を調整したり、ブラインドやレースのカーテンなどで自然光を抑えるようにしましょう。また、パソコン画面の明るさを明るくなりすぎないように、少し落とすように調節することも大切です。

パソコンの画面の高さを調節!

パソコン作業を行う際に、パソコンの画面が目線のほぼ水平であったり、見上げる程度の高さに置いている人がいます。実は、これは目には良くありません。パソコンの画面を少し上から下向きに見る方が、目の乾きを和らげることができるのです。そのため、座った時に目線ができるだけ下になるように、ディスプレイを置くようにしましょう。

パソコンやスマートフォンの長時間使用をしない!

一定の距離でパソコンの画面を長時間見続けていると、目の周りの筋肉が疲労したり、ピントを合わせる機能が低下してしまいます。そのため、1時間置きに遠くのものや景色を見たりするようにし、目を休ませることで疲れ目対策となるのです。

メガネやコンタクトレンズを定期的に調整!

パソコンやスマートフォンを見る時に使用しているメガネやコンタクトレンズなどを何年も同じものを使用していると、徐々に度数が合わなくなっている場合があります。そのため、メガネやコンタクトレンズの調整を忘れずに行うようにしましょう。定期的に眼科で検査を受けるようにし、常に自分に合った適切なメガネやコンタクトレンズを着けるようにすることが大切です。

エアコンの空調を調節!

オフィスや自宅などでエアコンの空調の風が直接顔に当たっていると目が乾いてしまい、ドライアイに繋がります。そのため、できるだけエアコンなどの空調が直接当たらないようにするか、当たらない場所で作業するようにしましょう。

疲れ目の解消法について!

疲れ目を感じた場合の効果的な解消法があります。これらの解消法を疲れ目やドライアイを感じた時に適宜行うことにより、疲れ目の解消に繋がります。

ツボ押し!

目が少しでも疲れたと感じた時に、ツボ押しをすると目の疲れを軽減することができます。目のツボ押しの方法は、指の腹を使って、目の周りを骨に沿ってゆっくりと優しく押していきます。この場合、強く押しすぎたり、眼球を押したり、皮膚を擦ったりしないように注意しましょう。このツボ押しを行うだけでも、目の疲れや肩凝り、頭痛などを和らげる効果が期待できます。

疲れ目に効く栄養素を積極的に摂取!

目の疲れを解消する効果的な栄養素を積極的に摂ることで、目の疲れの軽減が期待できます。一般的に目の疲れにいいとされる代表的なのものとして、ブルーベリーがあります。ブルーベリーには、青紫色を作り出している色素で、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれています。

このアントシアニンには、強い抗酸化作用によって、老化の原因と言われている活性酸素を取り除く働きがあります。アントシアニンの強い抗酸化作用は、物を見る時に重要な役割を果たすロドプシンの再合成を促す効果があると言われています。そのため、アントシアニンを摂取することにより、視力低下を防ぐ効果が期待できるのです。

また、目の疲れを感じる時には、ビタミンCを多く含むアセロラやレモン、キウイ、イチゴなどの果物を摂ると良いでしょう。さらに、ビタミンBを多く含む豚肉やマグロなども効果的と言われています。

蒸しタオルパック!

目の疲れを感じたら、蒸しタオルを目の上に乗せて温めるようにしましょう。目の血行が良くなることで、目の周りの筋肉が次第に解れ、疲れが軽減されていき、疲労の解消にも繋がります。

冷却パック!

疲れ目やドライアイで目が充血している場合には、冷たく絞ったタオルで目を冷やすといいでしょう。

コメント