疲れ目に摂りたいおすすめ栄養素!効果・効能&おすすめの食材

疲れ目

ビタミンで疲れ目対策

疲れ目対策に効果的な栄養素が「ビタミン」です。ビタミンは最もなじみ深い栄養素といっても過言ではありませんが、体調を整える働きをする基本となる栄養素であり健康的な生活には必要不可欠です。

疲れ目やドライアイ対策というとなにか特別な栄養素が必要なのではないか、と思いがちですがビタミンを適切に取ることが疲れ目対策の基本です。目の健康を取り戻すだけでなく体全体の健康維持にも効果を発揮するので、積極的にビタミンを摂取して疲れ目解消を目指しましょう。

粘膜を保護するビタミンA

ビタミンAは粘膜を保護する働きがあります。目に対する効果では網膜の光感受機能を正常に保つ働きがあり、不足するとパソコンの画面から出るブルーライトに負けてドライアイを引き起こしてしまいます。

ビタミンAはニンジンやカボチャ、ホウレン草などの緑黄色野菜に豊富に含まれています。レバーやうなぎなどもビタミンAを豊富に含む食材なので、野菜で日常的に食事メニューに取り入れながら時にはスタミナメニューでしっかりビタミンAを摂取しましょう。

さまざまな効果をもたらすビタミンB

ビタミンB群は種類によって異なる効果をもたらしますが、どれも目の健康維持に欠かせないものばかりです。ビタミンB1は筋肉の疲労回復に効果を発揮します。目の周りの筋肉からくる疲れ目の解消にピッタリの栄養素です。豚肉や玄米、ごまや大豆に豊富に含まれています。

ビタミンB2は粘膜を保護する働きがあります。目のピント調節機能の維持にも欠かせない栄養素で、かすみ目の解消に効果が期待できます。たまごや納豆、牛乳に豊富に含まれています。ビタミンB6は、アミノ酸代謝や神経物質に効果をもたらします。涙を調節する粘膜の健康維持や水晶体の代謝に必要な栄養素であり、目の細胞全般の代謝に欠かせないとても大切な栄養素です。

ビタミンB6は腸内細菌によって生成される栄養素ですが、食事から摂取するのも効果的です。肉類は全般、魚では特にマグロに豊富に含まれています。ビタミンB12は視神経の機能を正常に保つ大切な栄養素です。ビタミンB12が不足すると目の機能が低下し、モノが二重に見える複視などの症状が現れます。

視神経の機能が低下することで目に負担がかかるとドライアイや疲れ目を引き起こすので、常に適量を摂取しておきたい栄養素です。レバーや牡蠣などに豊富に含まれていますが食材から摂取しにくい栄養素でもあるのでサプリメントで適切に補いましょう。

血行促進効果のあるビタミンE

ビタミンEは、体内の血の巡りを改善します。血行促進効果により目に適切な血液が送られることで疲れ目やドライアイを防止します。ナッツ類やカボチャ、サツマイモに多く含まれる栄養素ですがコーンオイルなどの植物油にも豊富に含まれているので、使うオイルを植物油に切り替えるだけでも日常の食事から無理なく摂取できます。

疲れ目によく効く「亜鉛」

疲れ目解消に高い効果を発揮するのが「亜鉛」です。亜鉛は免疫力向上や味覚障害の解消に高い効果をもたらす栄養素ですが、目の健康維持にも重要な働きをします。

亜鉛は、粘膜の生成や維持に欠かせない物質であり、目の網膜にも必要不可欠です。網膜の光を感じる部分には亜鉛が密接に関わっており、亜鉛が不足すると目が光刺激に弱くなってしまいます。パソコンやスマートフォンのブルーライトが原因のドライアイには亜鉛が高い効果を発揮します。

亜鉛を豊富に含む食材

亜鉛を豊富に含む食材としてオススメなのが「牡蠣」です。牡蠣2粒で一日に必要な亜鉛摂取量を取れます。牡蠣以外だと豚のレバーや牛肉、卵黄などに豊富に含まれています。大豆も比較的亜鉛を多く含むので、豆腐や納豆などの大豆製品を日常的に摂取すると目の健康維持に効果が期待できます。

コメント