ドライアイ・疲れ目対策におすすめの栄養素と効果的な摂取方法

ドライアイ

ドライアイ、疲れ目対策のための栄養素とは?

アイテムに頼るだけが対策ではない

ドライアイや疲れ目対策というとブルーライトカット眼鏡や目薬やアイマスク、マッサージなどが連想しやすいですが、それだけでは十分とはいえません。アイテムに頼ることも大切ですが、目に良い食事をとることも立派な対策と言えます。ドライアイや疲れ目が気になる人は目に良い食事を取り入れてみてはいかがでしょうか?

アントシアニン

アントシアニンは目でみた映像を脳に伝えるための神経系による働きを助ける栄養素です。アントシアニンが不足すると脳にうまく情報が伝わらず、疲れ目を感じやすくなります。またアントシアニンならなんでも良いというわけではなく、ブルーベリーに含まれるアントシアニンでなければ効果がありません。

とくにビルベリーと呼ばれる品種は突出しています。普段から定期的にブルーベリーを食べることが難しいという人はブルーベリージャムを食べたり、サプリメントを利用したりして対策をとりましょう。

ビタミン類

ビタミンAやビタミンCは粘膜を保護したり強化したりする役割があります。ビタミンAやビタミンCを積極的に摂取することはドライアイに悩んでいる人にはとてもおすすめの対策です。

中でもビタミンAは目のビタミンとすら言われます。多糖類や糖たんぱく質などのネバネバした成分を作り出すことによって、目の表面に涙をとどめておく作用があります。小松菜やホウレンソウ、ブロッコリー、ニンジン、トマト、ミカンなどに豊富に含まれています。

ビタミンB1やビタミンB2は目の神経の機能を活発にする作用があります。目の疲れを取ってくれるので疲れ目対策に有効です。逆に不足してしまうと目の調整機能が落ちてしまうのでピントが合わせづらくなってしまいます。豚肉や大豆、ウナギ、魚類などに豊富に含まれています。

ミネラル類

タウリンや亜鉛は目の神経の大切な材料です。不足すると疲れ目になってしまいます。牡蠣、イカ、タコなどに豊富に含まれています。戦時中の飛行機乗りの食事はイカが多かったほどです。

DHA

青魚に豊富に含まれるDHAは視力を改善させる効果があると言われています。視力が低下すると疲れ目を感じやすくなるので、DHAで視力を回復させるという対策も即効的ではありませんがおすすめです。

摂取の仕方にも一工夫

無理なく取り入れましょう

目に良い食材はたくさんありますが、どれも薬ではありません。1度食べたからといって直ちに効果を自覚することができたり、効果が継続したりするというものではありません。これらの栄養を毎日継続して撮り続けることで徐々に疲れ目やドライアイになりやすいという体質を改善させていかなければなりません。

とはいえ、目に良い栄養を全て1日の食事で摂ろうとするとなかなか大変でストレスも溜まってしまいます。ブルーベリーなどそうそう毎日食べることはできませんし、野菜や肉類、魚介類も毎日食べ続けるのはとても大変なことです。野菜ジュースやサプリメントなどを上手に取り入れ、ストレスなく継続させることがドライアイや疲れ目対策にはとても大切です。

よく噛んで食べましょう

日々の食事はよく噛んで食べる習慣をつけましょう。よく噛むことで消化が良くなりますし、顎を動かすことで目の周りの筋肉を使います。そうすることで筋肉がほぐれ、血やリンパの流れが良くなります。すると、取り入れた栄養をしっかりと目に運ぶことができるようになります。

柔らかいものだけでなく、よく噛む必要のある食事を意識して摂ることも大切です。サプリメントだけ水で流し込んだだけではせっかくの栄養が行き届きにくく、勿体ないです。

コメント